化学研究室 (長谷川研究室)

島根大学教育学部 理科教育専攻

English Pages

What's new?
自然環境教育専攻は2020年度から「理科教育専攻」に名前が変わります。
2019/11/11 ホームページをHTTPS化しました。
2019/7/22 アルバムページを追加しました。
2019/6/6 研究室ホームページ開設しました。
※上記以外も随時マイナーチェンジしています。

12月に参加した「材料技術研究協会討論会2019」において
岡田くん,正村くんが「ゴールドポスター賞」を
ダブル受賞しました!!

長谷川が開発した「ナノ電解法」が本になりました。
21st Century Nanoscience – A Handbook (CRC Press)
第2巻の19章に掲載されています。


はじめに

化学研究室では,教育学部のなかで最先端の科学研究に取り組んでいます。先端科学の研究を通して科学的なものの見方・考え方を伝えたいと考えています。理科や化学の教員育成はもちろん,先端科学を広く一般の人々に伝えられるサイエンスコミュニケータの育成にも力を入れたいと思っています。

化学研究室での研究

研究室では,化学の中でも「物性化学」という分野を研究しています。材料を作るだけでなく,その先の性質を見据えて期待通りの性質や特性が出るよう「材料をデザイン」する研究です。例えば,電気的な性質をデザインして,次世代の電子デバイスに役立つ材料の開発を目指しています。また別の研究では,生体由来のタンパク質のパターンをデザインして視覚センサを開発する研究にも取り組んでいます。これらの研究にはナノテクノロジなどの先端技術を利用して研究を進めますので,先端機器の機能や役割についても学ぶことができます。